BOOK

「デンジャラス」

デンジャラス
デンジャラス
桐野 夏生 中央公論新社 2017-06-07

うん、桐野夏生さん、このような作品も書かれるのですね。
まあ、半分フィクション、半分ノンフィクション的な谷崎潤一郎と彼を取り巻く女性たちのお話でした。
「細雪」に登場する雪子のモデルとなった重子が語り手となっていますが。

熱でうだった頭でもすんなりと読めた作品です。
関連記事